三田「田村町木村屋 三田店」ビストロハンバーグ
※追記:港勤労福祉会館の閉館に伴い2021年11月26日をもって閉店しました

kimurayaburg01.jpg

日比谷通りの始点(終点)、芝五丁目交差点

その交差点の角にある港勤労福祉会館

kimurayaburg02.jpg

そんな港勤労福祉会館の一階奥にある「田原町木村屋 三田店」

kimurayaburg03.jpg

創業は明治三十三年(1900年)の「田原町木村屋」

洋食部門は昭和八年(1933年)に開業し、
昭和五十年(1975年)に港勤労福祉会館内へ移転

kimurayaburg04.jpg

ビストロ・ハンバーグ(810円/税別、以下同じ)

kimurayaburg05.jpg

スープが先行登場

kimurayaburg06.jpg

合挽肉170gのハンバーグ、スープとライス付き

kimurayaburg07.jpg

平皿のライス

kimurayaburg08.jpg

クレソンなどの野菜とフレンチフライ添えが、
定食寄りではなくレストラン寄りの洋食屋さんってカンジ

kimurayaburg09.jpg

つなぎを使わず、やや肉々しい食感だけど、
合挽肉にデミグラスソースの洋食屋さんらしいハンバーグ

kimurayaburg10.jpg

ここは女性のコックさんが多い気がします。

明るい店内は意外と広い

kimurayaburg11.jpg

ここに移って来たのが1975年ということは、今年でちょうど40年ですね

kimurayaburg12.jpg


田村町木村屋 三田店
港区芝5-18-2 港勤労福祉会館内
kimurayaburg13.jpg

営業時間は夕方までと短いけど、メニューはたくさんあります。

ビーフカツレツ(1,200円)

kimurayaburg14.jpg

値段の割には大きい・・・なのでチョット不安に

kimurayaburg15.jpg

もっときめ細かく脂身の少ない部位の方が合うはず。
でも、ビーフカツもメニューにあるところが洋食屋さん

意外な場所にあるけど、ランチタイムには入店待ちの行列

kimurayaburg16.jpg

AとB、二種類の日替わりランチが人気
しかもハーフ&ハーフもあるんです

kimurayaburg17.jpg

連休明けから値上げするとのこと

kimurayaburg18.jpg

港勤労福祉会館

kimurayaburg19.jpg

中小企業に働く勤労者の文化・教養および福祉の向上を図る施設

kimurayaburg20.jpg

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

[2015/04/29 23:00] | 三田・田町 | コメント(0) | page top
<<大森「ワインカフェ 月(つき)」大山鶏のとりわさ&大森弾丸ツアー | ホーム | 蒲田「ハリスコ」のポソレ>>
コメント
コメントの投稿
| ホーム |