大森「青麦」清濁らあめん
aomugiseidaku01.jpg

八幡通り沿いにある「Homemade Ramen 青麦」

「Homemade Ramen 麦苗」の二号店

aomugiseidaku02.jpg

静かにオープンする予定が、あっという間に情報が溢れ大勢のお客さん
長い行列で近隣への迷惑を避けるのと感染拡大防止で記帳式のウェイティング方式に切り換え

aomugiseidaku03.jpg

“清澄”は前回アップしたので、今回は“清濁”

特製清濁らあめん(1,050円)

aomugiseidaku04.jpg

「清濁」はあっさりとこってりの中間の“こっさり”と謳っているけど、
トロ~ン濁で私にはこってり・・・と思ったら、この日はたまたまだったらしい(笑)

aomugiseidaku05.jpg

鶏肉を主体に豚肉・魚介系を煮込んだスープ

麺は中太麺、写真だと清澄との違いがわかりにくいけど実際の印象はだいぶ太い

aomugiseidaku06.jpg

清澄は細めでツルツルって感じだけど、清濁は食べ応えのあるおいしい麺

“特製”はチャーシュー増量、海苔増量、味玉半分プラス

aomugiseidaku07.jpg

海苔のまち大森らしく、この近所に本社工場がある浜富海苔の海苔
アド街ック天国@大森海岸にも登場した明治四十二年創業の海苔問屋
一部の商品は小売りもしているので8切サイズの焼海苔を買ってみました。

清濁らあめん+味玉(850円+150円)

aomugiseidaku08.jpg

これなら“こっさり”という表現も納得の清濁、これなら私にもおいしい

aomugiseidaku09.jpg

「麦苗」「青麦」のラーメンは大好きなラーメンだけど、
低温調理の豚肉のチャーシューだけは好みではない

それでも「麦苗」の特製は牛肉・鶏肉のチャーシューもあったけどここは豚肉のみ
なのでチャーシューが増量になる特製より味玉らあめんが私にはベストパターン

aomugiseidaku10.jpg

それに特製だと半分の味玉が追加トッピングだと1個

aomugiseidaku11.jpg

麺を堪能できるのは“清濁”だけど、全体的には“清澄”の方が好みかな
でも、「麦苗」の醤油らあめん(鶏スープ)がもっと好き
なので早く「麦苗」が再開できるよう、若手に頑張ってもらわないと~

aomugiseidaku12.jpg


■過去記事
≫ 大森「青麦」新店オープン&特製清澄らあめん

Homemade Ramen 青麦
大田区大森北2-4-8

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

[2020/10/30 23:00] | 大森)麺・ラーメン | コメント(0) | page top
<<大森「蔦八 はなれ」移転リオープン&煮込 | ホーム | 大森「鮨処すけろく」の酒肴とお鮨(秋)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |