大森「兎月」自家製焼き餃子
ebitamatogetsu01.jpg

看板が黄色に変わった「兎月」

今年に入ってオープンしたばかりなのに看板が変わったのは“中華居酒屋”へ転換したから

ebitamatogetsu02.jpg

居酒屋として1月にオープン、当初は「旺子牛食府」の店主がランチを手伝っていたのもあって
中華料理のイメージが残っていたからか、料理人も変わって中華料理に方向転換

サッポロ黒ラベル(680円)

ebitamatogetsu03.jpg

この日、注文した中で最も高額メニュー

お通し

ebitamatogetsu04.jpg

ピータン(300円)

ebitamatogetsu05.jpg

紹興酒

ebitamatogetsu06.jpg

自家製焼き餃子(380円)

ebitamatogetsu07.jpg

キレイに焼かれた餃子。味の付いた餡なので付けるのは酢を少々

ふわふわ玉子とエビ炒め

ebitamatogetsu08.jpg

パーテーション等に『大サービス 今だけ 480円以上の料理も480円!』と貼り出されています。

ミニラーメン

ebitamatogetsu09.jpg

飲んでつまんだ後にこういうサイズがあるのはグッド

中華居酒屋に転換してお客さんは増えているようです。

ebitamatogetsu10.jpg


■過去記事
≫ 大森「兎月」新店オープン&木須肉定食

中華居酒屋 兎月(とげつ)
大田区大森北1-12-1 大森北ハイツ102

その他の情報や周辺情報は
ランチは600円~780円で定食・飯・麺の中華ランチ

ebitamatogetsu24.jpg

定番の他にその日のオススメメニューもあり

ebitamatogetsu17.jpg

中華定食らしく、味噌汁からスープに変わっていました。

オープン当初「拠り処酒場 」時代の記録

ebitamatogetsu11.jpg

お通し

ebitamatogetsu12.jpg

刺身三点盛り(実際にはイカを含めて4点)

ebitamatogetsu13.jpg

いかにも居酒屋のお刺身の組み合わせ。他の飲食店で訊かれてそんな話をしたら
こっちが言う前に「サーモン、マグロ、甘海老ですか」と…やっぱりいかにもでした。

日本酒や焼酎もラインアップ

ebitamatogetsu14.jpg

栃尾の油揚げ

ebitamatogetsu15.jpg

他にも“のっぺ”や“へぎそば”もメニューにあり、
当初jの料理人は新潟出身者あるいは新潟料理店に勤めていた人と思われます。

ebitamatogetsu16.jpg

「ダイニングバー BNO」オープン

ebitamatogetsu18.jpg

「CoCo Hitsuji(ココヒツジ)」の下階、以前は「パレットプラザ」その前は「55ステーション」だった場所

「中津からあげ専門店 吉吾 大森店」

ebitamatogetsu19.jpg

2022年4月18日オープン

ebitamatogetsu20.jpg

前に書いたように厨房機器の品不足で開店を延期、でもめでたくオープン

「シルクハット大森店」移転

ebitamatogetsu21.jpg

今までの向かい側、大森駅前ビル2階に4月20日移転リオープン

ebitamatogetsu22.jpg

大森駅西口広場が都市計画決定されたことと関係あるのか?

ebitamatogetsu23.jpg

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

[2022/04/25 23:00] | 大森)中華・中国料理 | コメント(0) | page top
<<銀座「ひょうたん屋 六丁目店」鰻重(梅)と肝焼き | ホーム | 大森「酒彩たなか」漬け丼&若鶏の南蛮>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |