銀座「竹葉亭 木挽町本店」じゅんさい&鰻お丼A・B
chikuyojunsai01.jpg

向かって左はお座敷の入口「竹葉亭 木挽町本店」

chikuyojunsai02.jpg

お座敷は基本的に会席料理(コース)の予約席
でも、お昼に一階のテーブル席が満卓の時には通される時あり

chikuyojunsai03.jpg

鰻お丼B(3,520円)

chikuyojunsai04.jpg

丁寧に蒸されて焼かれた鰻一尾、東京の鰻丼

chikuyojunsai05.jpg

この内容の鰻丼・鰻重の相場は4,500円位と思うので相対的にお手頃

小吸物付き

chikuyojunsai06.jpg

香の物

chikuyojunsai07.jpg

本店は炭火で焼いた鰻

chikuyojunsai08.jpg

タレは醤油とみりんで甘さを抑えてさっぱりめ

chikuyojunsai09.jpg

二階のお座敷ではお茶のポットを置いてくれます

chikuyojunsai10.jpg

一階だと仲居さんが注いでくれます

chikuyojunsai11.jpg

現在はパーテーション撤去済み

ビール・小瓶(605円)

chikuyojunsai12.jpg

飲める時には季節の一品を注文

じゅんさい(770円)

chikuyojunsai13.jpg

今シーズン、じゅんさいを飲食店で食べたのは6回
若芽が多くヌルヌルたっぷりでこれが今年ベスト、さすが竹葉亭
(紀ノ国屋で購入して自分で調理した物はヌメリはベストだったけど大きさは不揃い)

chikuyojunsai14.jpg

春にはなまこ酢(770円)

chikuyojunsai15.jpg

なまこの下には胡瓜などの野菜

冬にはふろふき大根(770円)

chikuyojunsai16.jpg

鰻お丼・A(2,970円)

chikuyojunsai17.jpg

Bより少し小さめとは言え、鰻一尾で3,000円弱と安い…しかも江戸末期創業の老舗

chikuyojunsai18.jpg

肝吸い(330円)

chikuyojunsai19.jpg

たまには肝吸いを注文

つまんで飲んだから小さめのAを選んだのもあるけど、磁器の鰻丼が好き

chikuyojunsai20.jpg

今年、土用の丑の日は7月30日
来月は早めに鰻を食べなくっちゃ~

chikuyojunsai21.jpg


■過去記事
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」白焼&蒲焼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼AとB&じゅんさいと鰻肝時雨煮
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼AとB&木の芽和え
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鯛茶漬け&塩煎り銀杏
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼BとA&うざく
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼AとB&ふろふき大根
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼AとB&じゅんさい
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」うざく&鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」うまき&鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の定食
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」じゅんさいと鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼のA&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼(A)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼A&B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼A
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼(B)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け(新)
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の中入れ丼
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鰻お丼B
≫ 銀座「竹葉亭 木挽町本店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭」木挽町本店の鰻お丼
■関連記事
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」うなぎお重
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」うなぎ丼
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鯛茶漬け
≫ 銀座「竹葉亭 銀座店」の鮪茶漬け

竹葉亭 木挽町本店
中央区銀座8-14-7

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

[2023/06/22 23:00] | 鰻・うなぎ | コメント(0) | page top
<<大森「大森焼肉店」新店オープン&ロース定食セット | ホーム | 大森「蘭免ん」天せいろ&季節野菜のサービス天ざる>>
コメント
コメントの投稿
| ホーム |