静岡「丁子屋」丸子(とろろ汁)
chojiya01.jpg

東海道丸子宿 とろろ汁 元祖 丁子屋

chojiya02.jpg

創業は慶長元年(1596年)

ということは、大河ドラマ「どうする家康」だと10月頃のこと

chojiya03.jpg

静岡市中心部からは離れていて近くに駅もない

所用で静岡へ、いつもは新幹線で来るけどこの日は荷物があって車
しかも夕方からは予定ナシ、なのでここに来るしかないタイミング

ノンアルコールビール(418円)

chojiya04.jpg

キリン グリーンズフリー…車なので

むかごの唐揚げ(440円)

chojiya05.jpg

むかごたっぷり、お酒を飲みたくなるおいしさ…でも、飲めない

黒はんぺんフライ・2枚(440円)

chojiya06.jpg

黒はんぺんを買って焼いたり煮たりは自分でもできるけどフライはお店で食べたい

丸子(1,630円)

chojiya07.jpg

定番のメニュー、他にも名物料理のついた定食もあるけど、
迷っているお客さんに、盛りだくさんの(高い)メニューから勧めるのではなく
まずこの定番メニューから説明していたところもイイ感じ

とろろ汁

chojiya08.jpg

静岡県産の在来自然薯を使用、粘り気の強いとろろ汁

麦めし

chojiya09.jpg

おかわりもできる、でもこれで十分

味噌汁

chojiya10.jpg

香物

chojiya11.jpg

薬味

chojiya12.jpg

ごはんが溺れるくらいたっぷりとろろ汁をかけるのがオススメとのこと

chojiya13.jpg

粘り気とともに香りも強いけど、白味噌・鰹節出汁・卵で味はまろやか

お茶

chojiya14.jpg

土瓶の中にはティーバッグではなくお茶っ葉、さすが静岡

chojiya15.jpg

通されたのは“弥次さんの部屋”

chojiya16.jpg

十返舎一九の「東海道中膝栗毛」には、丁子屋の主人と女将が夫婦喧嘩を始めたため、
弥次さん喜多さんがとろろ汁を食べ損ねたというシーンが描かれているのだとか

ここは昭和三十五年(1960年)に建てられたとのこと

chojiya17.jpg

この建物は『江戸・明治・大正・昭和と時代を重ねた幾つかの古民家の集合体です』とのこと

chojiya18.jpg

なので入り組んでいて、私もトイレへ行って戻る際に厨房に入りそうになった(汗

資料室もあり

chojiya19.jpg

久しぶりの遠出…遠出というほど遠くないけど
コロナ禍だけがその理由ではないけど東京都神奈川県から出るのは数年ぶり
ここだけではなく途中でもいろんな経験ができて、たまには出掛けないとなぁ~

chojiya20.jpg


元祖 丁子屋
静岡市駿河区丸子7-10-10

テーマ:郷土料理 - ジャンル:グルメ

[2023/12/05 23:00] | 静岡 | コメント(4) | page top
<<大森「入新井 愛知家」カレーせいろ&とりカレーせいろ | ホーム | 大森「お好み焼き 鉄板dining 響」和牛100%ハンバーグランチ>>
コメント
おはようございます😊
とろろご飯とっても美味しそうですねぇ。
[2023/12/06 09:47] URL | さやか姫 #- [ 編集 ]
こんばんは!

歴史を感じる、老舗の中の老舗ですネ。
茅葺屋根の古民家も、雰囲気があって
まるでタイムスリップした感じです。
おひつの麦めしと、とろろ汁・・・
美味しそうですネ(^^)
私も、機会があったら行ってみたくなりました ♪
[2023/12/10 21:39] URL | cherry2005 #Tl3EicIQ [ 編集 ]
Re: おはようございます😊
>さやか姫さん

おいしいです
[2023/12/11 23:44] URL | ロレンス #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>cherry2005さん

他にも食べてみたいものがありましたが
酒なし同行者なしだったのが残念
ここには歴史がわかる資料室もありましたよ
cherryさんなら観光と温泉とセットでしょうか
安倍川を渡ったこのあたりは詳しくないのですが…
[2023/12/11 23:44] URL | ロレンス #- [ 編集 ]
コメントの投稿
| ホーム |