大井町「家園(かえん)」の上海家庭料理
※追記:閉店しました。

先日こちらの方と飲みに行った「Neon Fish」の隣に気になるお店が・・・


GIFアニメ工房

気になったのは上海の文字。「上海家庭小皿料理 家園」

北京は行ったから次は上海だな。

こちらの方によると家園は『大井町中華四天王』のひとつだそうです。



お姐さんと厨房とのやり取りは中国語です。



それならと、お姐さんに「清給我冷啤酒」と言ってみます。
「えっ?もう一回言って!」 うっ、そういう反応は予想外(汗



「チン ゲイ ウォ ビン ピージュウ」



ここでは使う必要はありませんよヾ(^o^;)  グラスビールは280円。

豚足(300円)



「写真、撮らせてね~」と言うと、お姐さんは後ろから液晶モニターを覗き込んできます。
中国の女性は写真を撮ると液晶モニターを覗き込むものなのでしょうか?(笑)

自家製の味噌ダレでよく煮込まれてプルプルです。これで300円は安いですね。

乾豆腐の細切り(400円)



シンプルな塩味でおいしい。小皿料理といっても、お皿はそんなに小さくありません。

揚げナスさっぱり香菜たれ和え(380円)



甘酢ソースに香菜と山椒のアクセントが効いておいしい、これはビールが進みます。

消息筋によると、このお店はオーナーがコックを中国から呼び寄せているそうです。
定期的に交代するので、結果として日本の味に馴染みのない人が料理することになります。
そんなこともあって、ちょっと料理や味付けが変わっているのかもしれません。

豚耳(400円)



豚耳は味が付いていますがきゅうりと合わせてサッパリ目、紹興酒が進みます。

紹興酒(350円)



厨房の中にあってよく見えませんが、なにやら柄杓のようなもので汲んでいました。

棒餃子(500円)



棒状の餃子が香ばしく焼けています。これは普通かな。
私、焼餃子にはうるさくありませんから。が・・・

水餃子(300円)



出てきた途端にガッカリ。。。スープに入っている水餃子が美味しかったためしはありません!
そしてこれも・・・300円だからといって容赦はしません(笑)
焼餃子なら油と焼きでごまかせるけど水餃子だと餡の弱さが露呈。
ホンモノの水餃子はスープになんて入っていない!スープを使うなら餡に混ぜ込んでくれ!

ぜーぜー、ちょっとエキサイトしてしまいました。 

上海小籠包(500円)



これも普通。やっぱり小籠包の本場、上海で食べてみないといけないですね。

二人でグラスビール×4杯とグラス紹興酒×2杯、ひとり2,300円くらい、安いです。

お姐さんに「上海から来たの?」と訊くと「ううん、重慶よ」とのこと。あらら四川だね。
「じゃあコックさんは上海なの?」「ううん、ハルビンわかる?」わかるけど北の方じゃん。
「上海家庭料理という看板は?」「最初の人がそうだったみたい」。。。まぁ、いいっか(笑)

全体としてはなかなか良いお店です、メニューによってあたりはずれはあるけど。
どうも私の好きな町場の中華料理店って、こういう隙あるお店が多いみたいです(笑)

ここはやっぱり怪しいところの好きなこの方と来るべきかな・・・


■過去記事
≫ 大井町「家園(かえん)」の鶏青葱麺

上海家庭料理 家園
品川区大井1-48-
[2007/10/21 21:00] | 城南)中華・中国料理 | page top
| ホーム |