京橋「すし処 目羅」のおまかせ
京橋「すし処 目羅」 



常連のガンマな方と行ってきましたぁー!

ビールとお通しの筍(タケノコ)



平目(ヒラメ)のぉ刺身。縁側(エンガワ)もありますね。



お寿司屋さんで縁側だけを注文するのは、避けたい振る舞い。
最近は回転寿司でいくらでも食べられるようになったせいか、
いきなり縁側(エンガワ)を注文する人も見掛けます。

別の魚の縁側(エンガワ)を用意して出している回転寿司が多いようですが、
普通のお寿司屋さんでは一尾の魚を使うわけですから、本来は少ししかない
特殊な位置付けの縁側を食べられるのは平目(ヒラメ)の身を食べた人です。

白板昆布をのせた、あま~い締め鯖と、剥きたてで香りのいい赤貝。




八海山を飲むのは私の担当。軟らかい蛸(タコ)。塩は藻塩かな?それと柚子胡椒

平貝(タイラガイ)の磯辺巻き




もろきゅうを食べてサッパリしたところで握りの体制へ

まずは生姜をのせた白烏賊(シロイカ)と小肌(コハダ)




続いては生の北寄貝(ホッキガイ)と雲丹(ウニ)

鮪(マグロ)のトロも、胡麻をかけた鯵(アジ)もおいしい。




柚子皮をかけた穴子(アナゴ)はツメ(タレ)と塩で。白海老(シロエビ)

蝦蛄(シャコ)、小さいけど味のある蝦蛄を塩で。



味噌汁。柚子皮を振った醤油漬けのイクラ。この時期に珍しいけど、一年中作っているそうです。




茄子(ナス)の漬物と白烏賊(シロイカ)の生ゲソ

巻物二連発、まずは中落ちの鉄火巻



山葵(ワサビ)を入れた干瓢巻きは私も時々頼みますが、デフォルトでサビ入りは珍しいですね。

あま~い締め鯖の握りと、のれそれ(穴子の稚魚)の軍艦巻き。
のれそれは、もちろんこちらの方のリクエスト



蝦蛄(シャコ)を今度はツメ(タレ)で。これも柚子皮を振ってあります。



玉子焼きで、お腹いっぱい!!と言ったら・・・



・・・「こちらの方と同じペースで食べましたからねぇ(笑)」と。ここでも有名なんですね(笑)

細かいところにも気を配ったお鮨は、インパクトよりも調和という感じでしょうか。
お店の方も感じが良く、張り詰めたような空気がないのでリラックスして食べられます。
ありがとうございました!

ランチも人気のようです。


すし処 目羅
中央区京橋2-6-15 ラングタワー京橋 1F

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2008/05/08 23:00] | 中央区 | page top
| ホーム |