北京「全聚徳 鴻坤店」の北京ダック・ディナー


全聚徳(Quanjude)は清朝同治三年(1864年)に創業。各国の要人も訪れている有名なお店。
キッシンジャー元米国務長官、ガリ元国連事務総長、ヒース元英首相、海部元首相、
ニクソン元米大統領などなど。現在のアメリカ大統領のお父さんも訪れたようです。

中国オフ最後のディナーに用意されていたのは「吉祥(Ji Xiang)の間」






個室内にソファがあったりパントリースペースのような小部屋があったり、
チャイナドレスの小姐が全聚徳の歴史を説明してくれたりと、ちょっとVIP気分

前菜は六品。ニガウリ、甘い味の棗(なつめ)、チャーシューのような家鴨、
家鴨のレバー、酸っぱ辛いきゅうりのお漬物、家鴨の水かきはタレを付けて。





家鴨の脂の融点は非常に低く、冷たい料理でもおいしく食べられます。
牛肉は40~50℃(by食肉の科学)、家鴨の脂の融点は14度(by全聚徳HP)

気の利いたオジチャンが事前に特別注文した一品は・・・

スコーピオン



「川海老みたいな感じ」「やっぱり甲殻類の味なんだろうな」と言っていると・・・

すると「サソリは甲殻類ではありません。節足動物だけどサソリはクモ綱、クモの仲間です!」と
突然熱く語り始めるソサリスト。こちらの写真のどこかに写っています(内輪ネタですみません)

蠍に注目しがちですが、全蠍芝麻鴨方(Fried Duck Meat with Scorpions)という料理。
そして火燎鴨心(Flame-touched duck hearts in Maotai)は、マオターイな味。





酢鴨?酢豚風ってこと。レタスに包んだ家鴨の舌は味噌味、レタスをくるっと巻いて食べます。
山の幸料理は水かきと肉とインゲンや筍など。季節の野菜炒めはアスパラとしいたけ。

そして、

全聚徳烤鴨(北京ダック) ヽ( ´ー`)ノ

北京ダックはかつて明朝宮廷の高級料理。



まずは、一羽からわずかしか取れない首下の胸肉の皮。



砂糖をまぶして食べると甘味とともに旨味が溶け出します。



こちらでは皮だけでなく肉も食べます。ロレンス家では、これを香港スタイルと呼んでいます。
しかし、北京を代表する「全聚徳」でも肉付きとなると、皮だけ食べるのはもしかして日本だけ?

肉を数枚とり、甜麺醤をつけ、きゅうりと葱とともに荷葉餅(小麦粉の皮)で巻いて食べます。





また、胡麻付きの蒸しパンのようなものにはさんで食べたりもします。

「三品京酒(Sanpin Jing Jiu)」という白酒。中国の強いお酒です。



飲める人は52°を一気飲み。匂いがきついので一気の方が楽に飲めます。それって危険・・・

手が届かない大きな円卓での乾杯は、グラスの底で円卓の上の台を叩くそうです。



下戸の人にも“舐めるだけでも”と配られます。むせ返るtakapuさん、期待通りのリアクション。

まだまだ終わりません。ダックスープとワンタン。




甘い点心とフルーツ。やっぱりミニトマト(笑) (←わかる人は暇人ネ)

家鴨には鉄分、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などの栄養要素が多くて、
女性にオススメだそうです!

今回のツアーでは、ここが最も高級店で、たぶん最も高かった食事だと思います。
そして本場の北京ダック、さすがにおいしかったです!そんなツアーの情報はこちら。
↓↓↓


全聚徳 鴻坤店
北京市豊台区広安路1号

日本情報は
挨拶に来てくれたシェフの韓江さん。「写真を撮らせてください」というと戻って帽子を取ってきました。



韓江さん、以前は銀座店にいたと聞き「銀座にあるの?知らなかった!」と全員が驚きました。

早速、私は帰国した翌日(笑)にランチを食べに行ってきました!
『銀座「全聚徳(ぜんしゅとく)銀座店」の紅梅セット

ヒロキエさんとJolie nanaさんはディナーで!
⇒『銀座 全聚徳 』『銀座 全聚徳の北京ダック

麺食いなabuyasuさんもランチに!
⇒『麺&北京ダックセット@全聚徳(銀座)

新宿と銀座にお店があります。

全聚徳(日本)HP

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

[2007/11/19 22:00] | 北京 | page top
| ホーム |