銀座「二葉鮨」のおまかせ寿司
創業は明治十年(1877年) 江戸前寿司の伝統を守り続けている「二葉鮨」



三原橋交差点の近くでビルの間に佇む木造家屋が「二葉鮨」さん



江戸前の伝統を守るお寿司屋さんです。

ビール小瓶を注文するとお通し



野蒜とはシブいですね~

まずはお刺身、縞鯵(しまあじ)と鯒(こち)



こうなると日本酒ですね、冷酒は賀茂鶴ゴールド

これから込み合ってくるようでしたので、この日はおまかせにしました。

《ここから“おまかせ”です》

赤貝、真子鰈(まこがれい)、まぐろトロ



鮨ダネがだら~ん・べたーと下に付くことがありません。
オーソドックスな江戸前寿司の格好いいフォルムです。

扇型のカウンターは一見の価値がありますね。



お寿司が映るほど綺麗に磨かれたつけ台も見事です。



車海老、鯵(あじ)

鱚(きす)



墨烏賊(すみいか)、もう一合いっちゃいます。




雲丹(ウニ)とたいら貝

小肌(コハダ)



〆てかなり馴染ませた小肌、私はこういうタイプも好きです。

箸休めのお漬物がでてきた後は穴子



鉄火巻きと玉子焼き



《“おまかせ”はここまで》

赤貝と小肌を追加




かんぴょう巻き

仕事もすし飯も伝統的な骨太のお寿司
ここも落ち着くお店です。

※原則として店内における写真撮影はNGになりました(2009年1月追記)

二葉鮨
中央銀座4-10-13
ビール小瓶×1とお通し、日本酒(賀茂鶴)×2、つまみの刺身×2品、
おまかせが握り×12+巻物×1と漬物、追加で握り×2と巻物×1
15,000円強

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

[2007/06/03 23:00] | 北)鮨・寿司 | コメント(0) | page top
<<銀座「ミキモトラウンジ」のパイナップルとオレンジのコンポート | ホーム | 西麻布「ハンバーガー・イン」の一番東京ハンバーガー>>
コメント
コメントの投稿
| ホーム |